おふくろの味、深いコクの『さばの味噌煮』

おふくろの味、深いコクの『さばの味噌煮』

9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれた「さば」をつかった、家庭料理。
風味豊かな三温糖をつかうことで深いコクに。ぜひ試してみてください。


材料(2名分)
さば … 2切れ
しょうがの薄切り・・・2枚
A[合わせ味噌・・・大さじ2 しょうゆ、酒、三温糖・・・各大さじ1]
★238kcal/塩分1.8g

★作り方★

1、 なべにAの材料を入れて、まぜながら弱火にかける。
2、 水75mlとしょうがを加えて少し煮詰め、さばを並べる。
3、 さばに煮汁をかけながら、弱火で10分ほど煮る(身の厚さで加熱加減を調整する)


加熱しすぎると、身が硬くなるので注意して!
あれば、針しょうがを少々のせると、雰囲気も出て素敵です。

★ワンポイントアドバイス★

★ワンポイントアドバイス★

再春館製薬所 食養生担当(薬剤師)
中川 沙紀(なかがわ・さき)



東洋医学的にサバには気を高め、余分な水分を排泄する働きがあります。また、味噌にはストレスを解消する働きがあると言われています。

さらに西洋医学的に見ると、サバにはEPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)といった皆さんも一度は聞いたことがある、体に良い成分も含まれています。

EPAやDHAは、必須脂肪酸の一種ですが、必須脂肪酸は体内ではつくり出すことができないため、食べ物から摂取する必要があるのです。

必須アミノ酸と一緒に、必須脂肪酸も取れる『さばの味噌煮』!! ぜひおためしください。

高麗人参の極み「長白参」と9種類の必須アミノ酸1000mg配合

コンテンツ一覧を見る