Q:タンパク質は、運動する時だけ摂ればよいですか?

Q:タンパク質は、運動する時だけ摂ればよいですか?

Q:タンパク質は、運動する時だけ摂ればよいですか?

A:ダメです!体内のアミノ酸の量を保つために適時、摂りましょう。

A:ダメです!体内のアミノ酸の量を保つために適時、摂りましょう。

再春館製薬所 長白仙参研究員(薬剤師)
中居寛(なかい・ゆたか)




タンパク質やアミノ酸は、体の材料となる重要な栄養素です。
普段、私たちは毎日の食事からタンパク質を摂り、体内へはアミノ酸として取り込まれます。

体内に取り込まれたアミノ酸は、血中と組織(筋肉など)を行き来しています。

例えば、1日に必要なアミノ酸をまとめて摂ったとします。
その時に「筋肉をつくるため」に必要な分は、ちゃんと筋肉をつくることに使われますが、不要な分はエネルギーとして使用されたり、すぐに排泄されたりしてしまうのです。そのため、アミノ酸を適時、摂らないでいると、どんどん血中のアミノ酸量は減っていってしまいます。

血中のアミノ酸量が少なくなり、食事等で補われないでいると、今度は体が「筋肉」を分解して、アミノ酸を作る方向に働いてしまいます。
せっかく筋肉をつけようと思っても、まとめてタンパク質を摂取するような方法では、筋肉は痩せていってしまいかねません。

筋力をしっかり維持していく為にも、3食バランスよく食事をとること、筋肉をつけるために運動をするときには意識してアミノ酸を補うことがおすすめです。

筋肉をつくりだす力に働きかける長白参エキスと必須アミノ酸を配合

コンテンツ一覧を見る